基礎杭工事
  1. トップページ>
  2. 基礎杭工事

遮音壁杭工事

工法特徴

  • @ 新設道路の遮音壁、案内看板、ETCレーンの鋼管杭やH鋼の打設をあらゆる工法、特殊事重機により、施工致します。

施工例写真

セメントミルク注入工法

アースオーガーにより先行掘削し、先端部に根固め液を注入した後、既製杭を埋め込む工法です。

工法特徴

  • @ 根固めにより圧入工法に比べ強度が高い
  • A 低騒音・低振動での施工が可能

施工例写真

オーガ併用打撃工法

工法特徴

  • @ 自走式及び、セルフトラックにてキャタピラタイプの機材を用いる事ができ、扱いが容易である事。

施工例写真

直接打撃工法

自走式の機材を用いることができ、扱いが容易であること、掘削土砂や泥水を発生させないメリットがあるが、固い岩盤への打ち込みが困難であること、騒音、振動が発生するというデメリットがある。

施工例写真

回転圧入工法

鋼管の先端に螺旋状の羽根を溶接した鋼管で、全周回転式の掘削機等により鋼管を回転圧入させる無排土の低公害工法です。

工法特徴

  • @ 低騒音・低振動
  • A 無排土の施工が可能
  • B 支持力・引抜き力が大きい
  • C 施工可能径φ100〜1600o

施工例写真

バイブロ工法

バイブロ工法とは、バイブロハンマーをクレーンで吊下げ、振動力を鋼矢板やH型鋼に加え周辺摩擦力・先端支持力を低減させて地中に慣入させる工法です。

工法特徴

  • @ 振動系杭打抜機で、鋼矢板、H鋼の打ち込み、引き抜きが施工可能
  • A 地盤が固い際に用いる、ジェット併用でのバイブロ施工も可能
  • B 組立・解体の手間が不要